素材の選び方

チタンのハンコ素材の種類は色々とあるためどれを選べば良いのか分からないという方が多いです。もし実用性を重視するならばチタンをおすすめします。こちらは法人からの人気が高くなっています。とても丈夫な点が特徴となっています。万が一、こちらを落下させてしまったとしても、欠けてしまうことがないのです。実印が欠けてしまうとビジネスに大きな影響を与えてしまうでしょう。チタンでつくられたはんこであれば、そのような心配はないのです。ビジネスの現場においては、頻繁にはんこが使われます。チタンならば火災が起きたとしてもしっかりと残ります。

女性の方は見た目を重視する傾向があるでしょう。そのような女性の方におすすめするのは琥珀です。こちらはとても美しくてまるで宝石のように見えます。あるいは彩樺という素材もあります。こちらはエコであり値段を抑えることができて、なおかつデザイン性に優れています。木目がはっきりとしており、とてもきれいです。

男性には黒水牛をおすすめします。こちらは最もポピュラーな素材であり、不満を感じることがないでしょう。サイズの大きなものもあります。ただし、保存環境には気を付けましょう。日光に弱いです。

できるだけいろいろな素材の用意してある通販サイトで印鑑を購入しましょう。

素材の種類

印鑑に使われる素材は実に豊富で、いろいろな種類のものがあります。たとえば象牙です。こちらは最高級の素材としてよく知られています。使えば使うほどその美しさは際立っていくでしょう。また、朱肉によくなじむという点も特徴的です。捺印もしやすいため、はんこにぴったりな素材とされています。ただし、象牙というのは高級品であり、希少価値が高いとされています。そのため、こちらの素材を用いたはんこは基本的に高いです。耐久性に関してはあまりよくありません。そのため、たとえば落下させてしまった際には破損してしまう可能性があるでしょう。ただし、変形や虫食いは起きにくいとされています。材料としての寿命は最も長いのです。大切に扱うことによって、いつまでも長持ちするでしょう。

牛牛角の純白という素材があります。こちらは透明度が高くて、飴色をしているのが特徴的です。気品が感じられる素材です。女性が使う実印や銀行員に使われることが多くて、人気を集めています。これに色がついてしまっているものは、色付きと呼ばれています。色付きについては男性からの人気が高くなっています。

黒水牛というものがあります。こちらは高級感があり、黒色のつやが特徴的です。美しい見た目をしており、人気の材料となっています。印鑑の素材としては最も一般的です。

印鑑の素材は豊富

印鑑日本の独自の文化といえるものとして印鑑があります。印鑑は書類を作成する際には捺印を求められることが多いでしょう。何かの契約をしたり、役所に手続きをする際には印鑑が必要となります。自分の印鑑を捺印することによって、その書類が正式なものとして受理されるのです。印鑑があることで、それは本人が確認したものであることが証明されるのです。印鑑によって効力も発揮します。

このように印鑑というのは日本人にとってとても大切なものとなっています。印鑑を持っていない方はいないでしょう。印鑑がなければ社会生活を送ることができないからです。最近は印鑑が時代遅れであるという意見もあるのですが、これからも日本で印鑑がなくなることはないでしょう。サインよりも偽造をすることが難しく、複製される心配もほとんどないからです。安全性が高く、信頼されているのです。

そんな印鑑にはいろいろな種類があります。たとえば実印や銀行員、会社印など目的に合わせて異なる印鑑が存在しています。そのため、複数の印鑑を所有している方というのは珍しくないのです。それぞれ目的別の印鑑を別々に所有している方は多いでしょう。たとえば個人事業主であっても会社印を持っているケースはあります。このような目的ごとの区別だけではなくて、印鑑というのはさまざまな素材が使われているのも特徴的となっています。いろいろな素材があり、それぞれに特徴があるのです。こちらではそんな印鑑の素材に注目しています。どのような素材があるのか教えましょう。