印鑑の素材は豊富

印鑑日本の独自の文化といえるものとして印鑑があります。印鑑は書類を作成する際には捺印を求められることが多いでしょう。何かの契約をしたり、役所に手続きをする際には印鑑が必要となります。自分の印鑑を捺印することによって、その書類が正式なものとして受理されるのです。印鑑があることで、それは本人が確認したものであることが証明されるのです。印鑑によって効力も発揮します。

このように印鑑というのは日本人にとってとても大切なものとなっています。印鑑を持っていない方はいないでしょう。印鑑がなければ社会生活を送ることができないからです。最近は印鑑が時代遅れであるという意見もあるのですが、これからも日本で印鑑がなくなることはないでしょう。サインよりも偽造をすることが難しく、複製される心配もほとんどないからです。安全性が高く、信頼されているのです。

そんな印鑑にはいろいろな種類があります。たとえば実印や銀行員、会社印など目的に合わせて異なる印鑑が存在しています。そのため、複数の印鑑を所有している方というのは珍しくないのです。それぞれ目的別の印鑑を別々に所有している方は多いでしょう。たとえば個人事業主であっても会社印を持っているケースはあります。このような目的ごとの区別だけではなくて、印鑑というのはさまざまな素材が使われているのも特徴的となっています。いろいろな素材があり、それぞれに特徴があるのです。こちらではそんな印鑑の素材に注目しています。どのような素材があるのか教えましょう。